誰も知らないサーカス

バツイチ三十路SEが感情のごみ箱として使用します

おじいさんの説教(ヒッピー)

下北沢のすずなり劇場の下、ここは下北沢でも場末の場所。駅前の飲み屋で出入り禁止になった人達。飲むところが無いが故、自分たちでお店を開いたといわれる場所だ。初対面だろうが平気で説教を始めるおじさん、おじいさん、年齢不良の人達の楽しい憩いの場だ。昨日は会って2、3回目になる陽気なおじいさんからの説教を聞いていた。子孫を残せない人間は残すに値しない、クズのような存在、端的に言うとそんなところだ。そんな内容でもそこまで印象悪くならないのは下北沢のヒッピーの塊のようなどこか雰囲気がある容貌のせいだろうか。おれは子孫を残したくない、理由は簡単、自分のような人間をこの世に新しく作りたく無い。自分の分身なんてまっぴらごめんである。それは自分に自信が無いということだろう。ただおれの場合は中学生ぐらいから、なんとなく自分の子孫を残すべきではない、という感覚があり、それは今でも続いている。軽い自殺願望もあったのでその影響なのだろうか。けっしてネガティブということではない。前の記事でもあったが自分の正確はむしろポジティブ、いやなことはなるべく見たくない、が信条である。ただ、自分の分身だけはやばい、とにかくやばい、やめておこう。というのが中学生からある。渋谷のギャルじゃあるまいしやばいヤバイいうのも語彙力の無さがウケるんですけど。とにかくそれだけヤバいと思うのであればその直感に従おう。ただ自分がもしとんでもなく金持ちで奥さんがとんでもなく綺麗な人だったらどうだろう。暇だし子供でも作るか、そんな気持ちになったかもしれない。でもそれでも作らないような気がしないでもない。別れた奥さんは控えめに言ってもとてもきれいな人だった。周りの人間は口ぐちにうらやましいと言ってくれた。お世辞で無さそうなのは感覚で分かったのだが、結局自分は子供が欲しいとは思わず、籍を入れた時には完全に倦怠期だったうちらはセックルレスになるのも時間の問題だった。つまりは自分自身の問題のような気がする。かといって自分の性格が病気かどうかは分からないし、なんか違う気がする。自らの怠惰ゆえのこの性格を一言で「病気」としてしまうのはあまりにも浅はかだし、それこそ怠惰中の怠惰。ネットでの自己啓発ブログにはまずは自分のことを好きになるしかないし、自分自身と結婚することから始まる、そうだ。なるほど相手はともかく再婚には今しばらく時間がかかりそうだ。

COD IWについて

PS4にてBETA版が公開されて皆さんはCOD:IWをプレイしましたか?私はプレイしました。Bo3はやっていないので、COD:AW以来のプレイに操作方法もままならず分かり易い初心者狩りに合い、久々のK:Dでデスが上回るアリサマ。マップに角が多いのでショットガンが強い印象です。スキルのガンホーと思われる空中ダッシュしながら強そうなRなんちゃらというショットガンに瞬殺され、なんだこれ、つまんねえな。といのが印象です。たぶんレベルが上がり自分もそのプレイが出来れば多少は楽しめるかもしれないが、ダッシュしてブーストしてバキュンバキュンという人間離れした動きは往年のCODシリーズとは一線を画して別ゲーと化しています。読みあいとかいらないから派手なアクションでバキュンバキュンしたい、という外人やガキンチョの意見が踏んだんに取り入れられたのでしょう。マリオも3ぐらいまでは面白かったが、それ以降は良くわかんね、というのと同じ現象でしょう。複雑なシステムが良いとは限りません。

思えば7年ほどやっているのだから、時代も変化しますね。ゲーム内コインがあり、それを貯めると武器を強化出来たり、サプライズドロップとして武器が手に入ったりなどはコレクター心を擽られるかもしれませんが、かつてのようなトキメキと悔しさとたまーに勝った時の爽快感が得られる可能性は薄いでしょう。Bo3がアマゾンで酷評されており、そのほとんどが悪質なガキンチョの暴言やマナーの悪さについてですが、いつの間にかCODシリーズがそのような顧客に支持されてしまい、他のプレイヤーを遠ざけてしまった過程はなんとも物悲しい様です。さてBFに行こうかな

 

デジャブ

社会人になる22歳になったら、本気で自殺しようとしていたおれは先のことなど当然考えもせず女の子が多いだろう、という理由だけでコネのあったアパレル会社に入社した。そのコネというのは幼稚園から親友だったマチという人物(もう死んでしまった)の親にあたる人物だ。そのマチ家だけで何ページも書けるがここでは割愛する。輸入の業務をやらせてくれるという言葉を信じ、入社したらシステムをずっとやらさせることになる。コネというより騙されて入社した感じだ。とにかく、自分は人生を舐めきっていたし今もなおベロンベロンである。状況が悪くなったら死ぬことしか考えていない。よくもまあそんな人生に対する接し方で今もなお正社員で働くことが出来ているなと感心した。偏差値最低ランクの大学に二浪して入ったおれには、そんなに選択肢が多くはなかったことも原因だろう。
話題を戻ろう。そんな訳で人生に対するクズみたいな考え方のせいで今再びピンチになっている、ひとつは同棲して2年ほどになる彼女とうまくいっていない。もう一つはなんとかギリギリの正社員である今の会社で激務になり、なんとかこの状況から抜け出せないか、と考えているところです。人生死んで逃げるという万全の体制を整えている自分にとって、当然他の選択肢などない。いや正確には30歳ぐらいは親父のコネなどでなくもない状況だったのだが今らSEなど言われてもこちらはなんちゃってSEである。基本的なパソコン知識しか持ち合わせていないので、転職は無理無理無理~せいぜいシステム事務の派遣社員がいい所だろう。

やはり人生とはサボっただけツケが後から回ってきており、ときおり試練や人生の抜き打ちテスト的な場面は何回か、ある。そのうちの一つが今であることは明らかなのだが、結局自分は出世街道を走るというより、出来るだけ楽をして、もうちょっとだけ給料をもらいたいだけなのである。上司より仕事が出来る自信はあるが、その上司を蹴落としてまで役職を上げたいとはちょっとだけ思うけど、実行には移さない。手取り30万もらえたら満足でそれ以上は特に望みません、という人間なのである。そんな人間が結婚など上手くいくとは思えないし、2年も同棲すればその人のことは大体分かるので、愛想を尽かされてしまうのは無理もない。日に日に可愛くなっていく彼女には自分はもったいないのだが、軽いメンヘラである彼女は仕事の帰りが遅いことに不安がり、別れると言い出す。すぐ別れるというのはメンヘラヘラちゃんの特徴ではあるが、こんな可愛い彼女と別れたらはたしてそれ以上はあるのか、と未来を不安がってみる。

うん、いけそう。

そう思ってしまうのもまた人生を極めて安直に見てしまう自分の正確なのである。後先を考えないのだが、考えないがゆえに楽観的であり、ネガティブなことはあんまり考えたくないというのがおれおれ。変な自信もオプションとして付いており(大多数の人間が20台前半に消滅するやーつ)そのクズな自分の性格に救われた部分もあった。

という訳で今日も11時ぐらいに家に帰り、不機嫌な彼女の機嫌を取りながら眠りにつくのであった

 

 

飽きの来る瞬間

PS4を買い、ウォッチドックスというソフトを買ったのは一か月前。〇ボタンがキャンセルで×ボタンが決定という海外版ならではのバグのせいでシーズンパス1500円ほどを誤って購入してしまい、ソニーに文句を言おうかと思っていたところ、寝る間を惜しんで熱中してしまい、結果的にはいい買い物だったと至ってる今です。
ダウンロードコンテンツのBADBLOODも進めたが昨日ついに飽きが来てしまいそっとコントローラーを置いた。昔スパイクアウトというゲームがあり、最大四人で協力し進めていくアクションゲームだったのだが、プレイが上手いと一時間半ぐらい遊べる、今思えば変わったゲームであった。高校の時に事件を起し、なんとか転向した地元の学校を卒業したおれは今更大学に行く気にもなれず、下北沢のゲーセンで一日中スパイクアウトをやっていた。単にプレイが上手くなるだけでなく、バグを上手く活用したりなど、本当に奥が深いゲームだったが、5年ぐらいプレイした時だろうか、「あ、これ以上は上達しないな」と感じた時期があった。それからしばらくプレイはしたが、自分の予想通り上達せず、次第に熱意を失っていった。今回のウォッチドックでもそうだが、ストーリーの途中で飽きてしまうというのは、自分の性格を上手く表しているようだった。
今の仕事は三年目であったが、派遣社員が辞めて3人から2人になった瞬間、「あ、これ以上状況は良くならないかも」という実感があった。そしてそれから一年が経過したが、やはり予想以上であった。自分の直感は外れることもあるが、当たっていることの方が多い気がする。思えば結婚もそうだった、結婚式を見学しにいくと急に言い出した元嫁に対して、式場最寄の多摩川駅までいき、ホームの階段のところで口論になった。結婚しないこと=別れることだった彼女に対して、それは結局イヤとは言えず、二年間と300万を無駄にした。いや、無駄とは言いたくない、経験が役に立っていると思いたいが、自分の意見をはっきりと言うことの大切さを身に染みて感じた。あれから三年、今の彼女に言い出せないことがある。短気な性格を直してくれないと結婚出来ないということである。それ以外は問題ない、むしろ自分にはもったいない彼女だと思っている。飽きが来ている訳では無い。ああ、おれは同じ過ちを繰り返してしまうのだろうか。はっきりさせる、というのはなにかを失うことを意味する。結局失うことを恐れているだけなのだろう。自分は一度死んだ人間だ、そう思っているのに恐怖がおれを支配してやまない

デートコースにお勧め 豊洲→月島 プラン

豊洲からの月島は中々良いです。普段は下北沢、北千住、巣鴨、根津など下町を中心にデートしております、それは彼女が20代-前半にも関わらず激渋な趣味を持っているからです。古い建物などを見るとわくわくする古着が好きなオリンパスのカメラ持ってそうな女の子です。今は美大出身のデザイナーなのでそういうのが好きなんですね。自分もだいぶ感化されて好きになっています。さて、豊洲にデートで行ったことありますか?高層ビルの建築ブームは過ぎたとはいえまだまだ勢いあります。とはいってもららぽーとぐらいしかないのですが、そのららぽーとが本館、別館とあり本当になんでも揃うので十分です。そして公園や海など自然がちょうど良い!

流れとしては
ららぽーとで買い物→喫茶店→外の公園で休憩→月島まで歩き20分→もんじゃ

というコースです。このコースのなにが良いかですが、なんでもそろうショッピングモールがあり、海、公園という自然があり、月島に行けば一気に下町感が出てその対比が面白い、ショッピング、自然とのバランスがいい感じなんです、かなりお勧めなコースでした。自分はオリンパスコンデジを持っているんですが、写真撮るだけでも一日潰せそうなほど撮る物に溢れていました。ただ写真って一人が撮ってると相手を待たすことになるので、ほどほどにしておくといいですね。 https://goo.gl/maps/msBNYDQCQWz

 

ただ散歩をする、というデートが成り立つ子とは大体上手くいく気がします。お散歩デートいかがでしょうか!

ポエマーの気持ちが分かった夜

下北のバーがオープンするまでに時間があり、ビレバンにて暇つぶししていた夜

冷やかしのつもりで手に取ったポエマー集を読んでみたら、意外なことに心臓を打ち抜かれました。

ポエマーといえば新宿の西口にいる首からポエマー集「700円」と書かれた看板をかけている、目がぎょろっとしている女性を思い出す。

うつろな目で通り過ぎる人をずっと眺めながら、立ち尽くしていた彼女はなにを思っているのだろう、疑問に思いながらもう50回ぐらいはすれ違っている。最近新宿には行っていないが今も首から看板を掛けて立ちすくんでいるのだろうか。まあそんなことはどうでもいい。

そう、そのポエマー集は意外や意外、34歳バツイチの心を正確に打ち抜き、購入するか迷うまでいったのである。この自分がポエマー集を買おうとなど迷うこと自体がすごい、初めてである。才能ある人なんだと思う。

その中で「朝起きた時におはよう、という相手がいる人は、幸せな人の上位に入ると思う」

という言葉でふとフラッシュバック。離婚が決まり、家具が無くどこまでも綺麗なあの千歳船橋の家を思い出し、涙が出そうになった。

おはよう、すら言えない。静寂しかない、どこまでも寒い、あの1月の朝6時

帰らない嫁、家具の無い部屋、しーんと音がなる部屋、今そこにあるかように鮮明に思い出す、温度や音でさえ。離婚といえばそのシーンだ。たぶん、自分にとってそのシーンは忘れてはいけないシーンなのだろう。絶望しかないのだが、なぜか、なぜか、自分の中にある生きる力、のような存在をかすかに感じる、あの瞬間。ああ、ここは世界の底なんだ、そう思いながらもこれ以上不幸になることは無い、なぜかそんな安心感を感じた。なぜかかすかに、前向きになれた朝。前向きになるしかなかった朝、自分の糧になっているのだろう。

寂しい、とは孤独、であり、孤独とは、生きる、ということでもあるような気がする

 

 

決意の朝からほど一か月ほどして、今の彼女と会うことになるのだから、人生は面白い。自分は物凄い強運の元で生まれてきたのだ、と信じて疑わないのはその件があったから。大げさでは無いが、あの時一人になった自分は自殺をしていたかもしれない。もともと生きることに執着が無く、自殺願望のあった自分にあの境遇では今思い出しても寒気がする。そう彼女はある意味命の恩人なのである。その恩人に恩をあだで返している自分のクズさ加減には嫌気がさす。ああ、許してくれるのだろうか。朝帰りをしてしまい、彼女とは昨日から返信が来ていない、危機的状況ではあるが「おはよう」を言える自分はたぶん、相当幸福なんだろう。幸せの上位にある、なんて人と比べているようで恥ずかしいのだが、不思議な説得力がある。日本人には潜在的に人と比べる、という能力があるのだろう。比べることのない世界に早くいきたい

PS4 購入しました (PS4を買おうか迷っているみなさんへ)

はい、ついに買ってしまいました。PS4。

発売当初からずっと欲しいと思いながらも、まだPS3でいける!と自分を言い聞かせながらも約三年間、とうとう手を出してしまいました。家に帰れば構ってほしいという彼女とますます時間が取れなくなり、買ったばかりのPS4を窓から放り投げられる姿がありありと想像出来ます。嗚呼、無常。それでも欲しいんですよね、一旦買う、買った、やってみた、ということが重要なんです。体験してしまえばそんなものか、と思うんです。そう思ってました、けどPS4すごいです、すいません。早く買えばよかった。。。

 

なにがすごいか

  1. 軽量化、静穏化
  2. PSN+
  3. 周辺機器

 

まず私は9/15発売の軽量化されたPS4を買いました。サイズはPS3旧型に比べてかなり小さく邪魔になりません。またPS3でうるさかったファンの音もだいぶ静かになりました。体感としては半分ぐらいでしょうか。省エネにもなっているようで、全体的な性能アップになっております。

 

PSN+

これはすごいです、なにがすごいかというと、月額500円払うことでいくつかのゲームが無料で出来ます。仕組みとしてはPSN+加入中に追加された無料ゲームはすべて出来るようになります。私は今月から加入して4タイトルの無料ゲームが出来ております。もうこれだけで十分元が取れてしまいます。GRAVITY DAZEというゲームがまじで面白くこれを500円で本当にやっていいのか、いきなりデータが消されたりしないのか、とびくびくしながらっておりますが、大丈夫みたいです。すごいですね、PSN+

 

周辺機器

コントローラーが良くなりました。握りやすくなり、なにに使うか分からないタッチパッド的なものが中央にあります。コントローラーから音声出力が出来、ヘッドフォンをコントローラーに刺して使用可能になりました。地味にいいですね。

 

残念な点

残念な点としてはPS3のソフトが使用出来ないことです。これは任天堂などを見習ってぜひ出来るようにしてほしいですね、PS3でしか遊べないゲームもあるのだし、両方置くというのはありえないです。技術的に可能だろうけど、あえてしてない感があり非常に不愉快です。PS4への入替を5000円も単価を下げてでもやるのであれば、下位互換性を付けたほうが売れるんじゃないでしょうか。

 

PS3のソフトが遊べないという点を除けば、概ね満足です。やはり30000円程度で買えるようになった、というのも大きいですね。

映像の綺麗さは感じますが、ディスプレイがBENQの安いやつなので、感動するレベルではないですが、違いははっきりと体感できます。

 

肝心のマルチプレイは「みんなでスペランカー」という無料ゲームしかやっていないので、またプレイ後に感想を書こうと思います。