読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰も知らないサーカス

バツイチ三十路SEが感情のごみ箱として使用します

デズニーランド大好き女子について

デズニーランドに頻繁に行く女子について考えてみた

諸君、私はデズニーランドが嫌いである

遊園地、市民プールが大好きなおれでも苦手な場所がある
そう、デズニーランドである
なぜ苦手なのか、小学校に上がる前には年に10回は行っていたであろう
デズニーランド、親が大好きでよく連れて行ってもらった

それが高校、大学とモテない時代が長かったゆえに、にデートスポットである
デズニーが嫌いになった、というのなら分かる
が、なんか違うのである

そう、私はデズニーが大好きな女子が苦手である
言うならばエンターテイメントをお金で買おうとしている人々が苦手だ

エンターテイメント=楽しみ なんて日常にあふれている
例えば会社に行く途中に明らかに変なおっさんがいて
左手に謎の人形を持っている、なんだろうあれは
キャストアウェイに出てくる、ウィルソンくん的な
マスコットなのだろうか、と考えるだけでご飯三杯はイケます
日常は可笑しさ、楽しさに溢れている

ただ奴ら「デズニーランド大好き女子」は魔法の国に行かないと
日常において楽しみはない!と思っている節を感じ取ってしまい
なんか苦手だな~と思ってしまうのである

自分はよく下北沢の場末バーに行くのだが
そこの人達は「売れない役者・ヒッピー・やくざ?・女の子がバーテン時のみ現れる気持ち悪いおっさん」など実に多様で面白い、もちろん自分も漏れなく気持ち悪いおっさんである
わざわざ電車で1時間半かけて乗り物に1時間づつ並ばなくても
そこには楽園があるのである、それにしても汚い楽園だなあ

デズニー大好き女子をもっと言うならば「受け身女子」というのだろうか
自分で会話を盛り上げることもなく、ネタも無く
魔法の力を借りなければ、楽しみを見いだせないのだ
なんてかわいそうなのだろう
そんな可愛そうな女子に相手にもされない自分はうんこですらない

うんこは今週末、キャストアウェイを泣きながら観ようと思う

 

 

* ブログ主はいざデズニーに行くと周りが引くぐらい楽しみ、ヘブン状態となります