誰も知らないサーカス

三十路SEが感情のごみ箱として使用します

四年間付き合った彼女と別れました 

四年前のおれ、1月の真冬、午前5時、ふいに目が覚めてしまい回りを見渡すと不思議なぐらい静かな部屋。そうか、おれは奥さんと別れてしまったんだ。

部屋はどこまでも静かで、どこまでも冷たい、体の芯まで冷え切ってしまいそうだ。荷物の少なくなった部屋、築3年の分譲マンションは不気味なぐらい綺麗で壁紙には傷一つない。しーん、という無音の音が頭に響く。

5分ほど布団から起き上がった状態でぼーっとしていた。ふとこれが絶望なのか、と気が付いた。びっくりするぐらい孤独で世界には自分1人しか居ないんじゃないか。そう思うのに十分なほど舞台は整っていた。

世間的には特別綺麗な奥さんだった。自分でも慣れてはいたがそうなんだろう、と思っていた。ただ、どうしても、どうしても足の太さが気になって夜の生活が出来なかった。別にそんな太くなったわけではない。体重にして2,3KGしか増えていないだろう。ただある時、どうしもようもなく気になってしまったのだ。ハムみたいだな、と思ってしまった。その日を境にまったくしなくなってしまった。おそらく自分の性欲もかなり落ちており、なにか言い訳をつけてはしたくなかったのだろう。

ただでさえ奥さんはフリーランス、夜型の典型的な生活だった。自分はサラリーマン、8時半始まりと早めの朝方生活、そして金銭的な言い争いはやがてお互いの距離をじわりじわりと割いて行った。

そして奥さんは友達(男友達)と夜呑みに行って朝方帰ってくる、という生活を始める。単純に寂しかったんだと思う。自分は当然のように怒り、反省してほしいという意味を込めて実家に帰らせた。

奥さんの家はお父さんがいない単身家族だった。母親は奥さんを溺愛しており、帰ってきた奥さんをとても丁重に持て成した。そして奥さんは実家から帰ってこなくなった。

 

あなたに対する愛情が無くなってしまった

ある日こう言われた、結婚とはお互いが一生を共にするものと誓うものだ。結婚式より一年ほどしか経っていない状況でそんな言葉を言われると想像すらしていなかった。結婚した、という事実が自分を安心させてしまい、離れた距離を縮めようという努力すらしなかった。今考えればなんて馬鹿なんだ、と思う。でも言われてしまった。嫌いとかでもない、どこか直してほしい、でもない、愛情が0だ。という。もう打つ手は無いのか。。。気が付いたら負けていた。

 

奇妙な立ち人形があるな、と思っていた。最寄駅から3分ほど、小道に入った場所にその人形は立っていた。飲み屋の看板だった。どうせ帰ってもやることも無い、そんな中飲み屋に入ってみた。

アメリカンポップな派手な内装に、リーゼントヘアーの店員。でも店員は見た目と違い優しい、常連さんはほとんど地元の人。そんなお店がずいぶんと自分を救ってくれたように感じた。やがて3、4回と通いだし、不動産を持ってる金持ちの常連さんと会話をし、隣にもバーがあるから一緒に行こうか、そう誘われた。

 

なにしにきたの?

隣のバーで座っていた女の子から話しかけられた。隣の店から来たんだよ。そんな話をした。初対面では特に可愛いなとは思わなかった。ただその子は店員と友達で、その店の店長から誘われてここに来たが、しつこいのでその店を抜け出したい。そう言った。

そしてなぜかその店を出て、2人でカラオケに行った。カラオケでは無難にお互い歌い、特に何事もなく、解散となった。もう会うことは無いだろうな、なんとなくそう思った。

 

ご飯食べに行きませんか

一週間後にLINEが来た。正直びっくりした。あちらから連絡が来るとは。もちろんOKした。そして付き合うことになった。

 

そんな日から4年が経った。付き合ってから1年後には同居し、一度引っ越しをし同棲3年目となった。最初は一緒に入れるだけでよかった。他に何もいらなかったが次第に要求は上がっていき、少しづつ緊張感が走るようになっていった。

 

自分はもう結婚はこりごりだと思っていた。奥さんは30歳手前で気が狂ったかのように結婚に焦りだし、あちらから結婚したいと言い出し、一年後には愛情は無くなった、と言われた。なんだこれ、と思った。もちろん自分にも原因は多分にあるのだが、結婚が幸せとイコールで無いことを痛いほど知るのであった。

 

そんな自分はしばらくは結婚したくない、と周りに宣言し、彼女にもはぐらかしていた。

 

人には欠点と長所がある。自分が彼女に求めることは話していて面白いことだった。

そして外見で問題が無かったので付き合うことになった。

しかし、結婚、結婚となるともう一つ欲しくなってしまった。安心である。

彼女は短気な性格である。それが喜怒哀楽が激しい、表現力が豊かという長所にもなる。でも自分は彼女の短気なところが、嫌だった。彼女が仕事から帰ってきて部屋が整頓していないと怒るところも嫌だった。なぜ自分の家なのにびくびくしなければならないのか、そう思うと本当に嫌になった。そして別れることになった。

 

この四年間が無駄とは思わない、今の彼女との出会いが無ければ途方に暮れていただろうし、新しい恋は自分を立ち直らせるのにとても良い機会だった。回復は早かった。

でも思い出すと、写真を見るとやはり切ない、なにか出来なかったのか、涙が出そうになる、というかちょっと出る。どうにか出来なかったのか、あるいはもっと早く別れられなかったのだろうか。こんなに切ない思いでが積る前に。

 

ほぼ7年ぶりの一人身、どうしていいか分からない。とりあえず週末は大好きな本が読めるスタバに行こう。そして小説を一日読んで過ごしたい。その後はどうしよう。バイクを買おうかな、故障してからずっと欲しかった。山梨にツーリングに行きたいな。

 

こんな状態でも人生を生きなければならないなんて、辛すぎる

でも四年前はその後に幸せがあるなんて想像出来なかった

今のおれにもそんな幸せがこの先待っているのだろうか

想像すら出来ない

T君との飲み会

飲み友達でT君という友達がいます

 

下北の飲み屋で知り合った

知り合ってからは二年ぐらい、プライベートでも遊びだしたのは半年前ぐらい

かっこいいほう!顔ちょっと濃いめ

さばさばしてる、はっきりしてる、ちょっと理屈っぽい

 

年も近めだしおれとは正反対の性格なので、仲良くなり(自分の場合は性格が逆か同じ人と仲良くなることが多い)、飲み会をやることに、BBQを女の子を呼んでやることになったよ!そんなお話

 

  1. 半月ほど前からこの日空けておいて!と連絡がある、二つ返事で了解~と
  2. よくよく考えたらフェスの翌日でホテル泊まることを思い出す
  3. 時間的に行けないかもと伝える、キャンセルしたいと
  4. キャンセルはなぜか出来ないと言われる、お金はかかってしまう、と
  5. うーん、と思ったが一度OKした自分のせいでもあるので、そこは了解した
  6. 案の定遅れるというか間に合わず
  7. 男一万円と言われ、払う
  8. 参加してないBBQに一万円払うことにショックを受ける、不機嫌になる
  9. お店を移動、ちゃらちゃらした飲み屋に移動
  10. 男3女3で軽くしゃべる、でもBGMうるさすぎて訳わからん
  11. その店でピエロのお面があったのでそれをT君に渡したところ、かぶってふざける
  12. 女の子の一人が「ピエロまじ無理」と言い騒ぎ出す
  13. 冗談と思ったがまじらしく、30分ほどマジ無理を連呼する
  14. 女の子が白けたのか、帰ると言い出す
  15. 少し引き留めだが、マジ無理を連呼されすぎて男もちょっとうーんとなる
  16. 結局女の子を返すことに、なんだこれ
  17. その後クラブに行ったが、自分の疲労が限界で帰ることに
  18. 中途半端だったので帰りのタクシーで微妙な雰囲気に、当然か
  19. 解散、バイバイ

まずBBQはお店でやる形式だったのだが、どんなに贅沢にしても一人5000円程度

女の子から少なく貰うとしても、一万は高い、そして参加もしてないのに多めに払うのはさすがにちょっとなぁと思ってしまった。

今後も下北で絶対合うし、ここで揉めるのもいやなのでその場で払ったが、払った後ももやもやしてしまった。フェスでお金使ったのもあるし、そんなに余裕があった状況では無かったのもショックを倍増させた

女の子は一人普通よりちょいぶすで2人はかなり可愛い、これは相当当たりだと思った

当たりなだけに相当残念な結果だったし、お互い口には出さなかったがすこし険悪なムードになってしまった。

その日は麻布十番祭りで街は相当がやがやしていた、道を歩くのも一苦労で不快指数が上がっていたところに女の子にナンパしてきたイカつめの男4人がいた、最初は諦めるだとうと思っていたがマジな感じでしつこかったので「おれのツレだから話しかけるな」と言ったら相手はベロベロで絡んできた、喧嘩になりそうだったので自分もめずらしく興奮してしまった。

その後のピエロ無理騒動だったので、かなり不機嫌になってしまい、T君に不満をぶつけてしまう前に帰ったのだった。

 

まず第一に自分はケチである、女の子二人で飲みに行っても、全額出すということはしない。少なめ、小銭でも貰うようにしている。これをネットで言うと非難轟轟なのは百も承知、でも理由は二つあり

女の子が財布を出すか、お金を渡してくるか、反応を見る

払ってもらって当然という態度の子は、お金目当てか自分に興味が無いので次回からは誘わない、いらないと言ってるのにお金を渡そうとしてくる子は性格良い、次も誘う

今まで付き合えた、いいなと思った子はほどんとがいらないと伝えてるのに、お金を渡してきた子だった、逆で上手くいったためし無し。

 

つまり今後の関係性を見るのにとても大事な要素だからだ。試験をするようなのが若干罪悪感あるのだが、これほど有効な試験は無いのでしっかりと反応を見させてもらっている

 

T君とは今度は若干疎遠になってはしまうだろう、残念だけどあまり価値観は合わないなと思ってしまった。自分が幹事だったらキャンセル出来ない飲み代は貰うとしても、参加してないのに大目に貰うということは絶対にしない。というか罪悪感から出来ない、たぶん自分が払ってしまう

 

後日談があったら再度書きます 

スペースラブシャワー 2017 参加&レポート

スペースラブシャワー土曜日行ってきました!

フジロックに続き、今年二回目の夏フェスです。

感想&レビュー

 

フジロック(土曜日)は一日雨が降り、移動と気温により疲労で意識が朦朧としてました、、

ラブシャ(土曜日)は雨がほとんど降らず、快適に過ごせました。

やっぱり天候って大事だな~晴れていると体力の消費が少ないので沢山楽しめました

 

  1. 東京を出発、今回はエンジントラブル無し!ただし前日飲みすぎたため、3時間遅れ
  2. 13時に現地到着!駐車場は想像していたより沢山ありました、泊めれました
  3. 会場に入るまでも行列も無くスムーズ!荷物チェックは無かったです
  4. 会場in!グッズ売り場に直行するも目当てのタオルなどは売り切れ
  5. 9mmがメインでちょうどやってる!いい!
  6. KANABOONに移動、フルドライブでモッシュするんだね、楽しい
  7. フレデリック!登場の仕方がかっこよかった、カッコつけてる感じがよい
  8. KICK THE CAN CREW ベストアクト!!最高だった、全部知ってる曲だしMCもダントツで上手かった、45歳なの?嘘でしょ!
  9. サカナクション ライブ初体験、すごいよかったけど後ろの方でしか見れず、次はもっと前で見たい!たぶん風の衣装で登場、一番好きな曲で最高

 

去年のラブシャは雨が後半降り、体力の限界を感じてアンコール中に帰ってしまった

今回は最後まで入れたし、体力もまだ残っていたので良い感じだった。車の運転があったので余力は残しておいた。

その後泊まった御殿場のホテルがめちゃくちゃ良かったので、全体的に満足でした。

日曜日の帰りは事故渋滞により6時間、、、OH、、、

 

街コンなるものに参加してきました

下北のたまーに行くお店で、大人数での飲み会があるらしく興味本位で友達と参加することになったのだが、参加してみたら完全な街コンであった。今日はその話をします。

 

街コンは初めてでした。たまたま銀座の飲み屋にいったらそこが街コン会場になっていて、席が余っていたのかなぜか入らせてもらい街コンの雰囲気を見たことはあります。15分ぐらいで席を交換しており、せわしないし、大変そうだなーという印象はありました。

 

さて、流れでいいますと

 

1 お店に入ると、ネームプレートに名前を書いてください、と言われ「え!?」となる、この時点でそういうことか、と覚悟を決める

2 あなたの席は2番です、と言われ席に着く

3 席に着いた時点では女の子3人と、男2人だったので自分が席につくことで同数になった

4 遅れて行っているので、かなり出遅れた、きびしい

5 飲み会の趣旨、流れの説明が入る、席を移動すると聞き、図らずとも街コンに参加してしまったことを後悔する

6 同じ席番号の男が女の子のテーブルに移動するスタイルなのだが、途中から男が2人増え5対3になる

7 席によっては女の子2人だったりしたので、男3人が余る形に、なんだこれ

8 来る予定だった友達は遅れる予定だったので、街コンなので来ないほうがいいと電話で告げる、さて一人で戦うしかない。

9 初対面の男(30代半ば)と世間話をするしかなく、とほほ

10 女の子のレベルはふつう、可愛い子もいるにはいるが、下北で飲んでると

可愛い子が多いので自分的にはレベル低いと感じてしまった、正直バーで飲んでても話しかけるか微妙なライン

11 フリータイムになったので、女の子の中では可愛い方になんとか喋ることに成功

というかフリータイムになった時点でたまたま近くに居ただけ

12 可愛い女の子は2,3人だったので、自分とその子が話している最中にその子目当ての男が4人ぐらい同じテーブルに来た

13 中には無理ねじ込んでくる猛者がいた、すげえと尊敬した

14 会話は普通に続いていたので、みんなしばらく経ってから去って行った

15 途中、男女ペアになりじゃんけんで勝つと景品が貰える、という企画があった

これは普通にいいと思う

16 飲み会終了、終了と同時に3人ぐらいの男がその子の連絡先を聞きに来た

聞き方はうまい方だと思った

17 お開き

 

その子(A子)は10段階でいうと8ですね、結構可愛いとは思うのだが

話しているうちに彼氏がいることがわかり、その彼氏に対して大満足、一切の不満無し

というまったく脈なしであった、なぜその飲み会に参加したのだろう、おそらくお店側からの誘いがあったと思われる、言いづらそうな申し訳なさそうに話していた

そして性格的に変わっており、非常に男っぽい、さばさばしている感じ、エロさはまったく感じないので、話せば話すほど興味を感じない、自分への興味もまったく感じなかったので可能性は0でしょう、友達の付添いで来たっていうのもあるだろう

 

印象的だったのは男のレベルはかなり高かったということ。同じテーブルの男は一人を除いて全員イケメンであり、話も面白かった、普通にモテそうであった。だがあの飲み会では成功する可能性はほぼ無いだろう、かわいそうに「自分含めて」

そんなにモテそうな男なのに街コンに参加しないと出会いが無いというのが今の日本なのか、なんだかとても寂しくなってしまった。

もっと当たりの街コンもあるのだろうけど、自分はもう参加しないと思う、というか街コンなら街コンと書いておいてほしかった、異業種交流会?下北飲み仲間会?みたいなノリだと思っていたので。

勝者は誰もいない、いるとすればお店側だろう、たしかに街コンで一番得しているのは運営側だもんな。

普通に男同志で仲良くなろうかと思ったが、そんなチャンスも無く慌ただしく終了

もやもやして終わりました

男6000円女3000円なので、ご参考までに。時間は3時間だったかな。

 

その後口直しに入ったバーの店員が女の子がばちくそ可愛くて10段階中10でした

ありがとうございます

 

フジロック 2017 初体験&感想

夏フェスなんて興味が無かったのだが、彼女の影響で去年ラブシャに行き、予想以上にとてもよかった。なぜフェスが良いのかは上手く言えない。だって音楽だけなら自宅のスピーカーでPVやライブ映像を流せば落ち着いた環境で見れる。けどそれは孤独であるし特別感は無いからだろうか。とにかくフェスの現場感、特別感はすさまじく終わってみればとても楽しかった、という思いでしかない。そんな訳でフェス歴一年目の夏がスタートした。

 

さてフジロック2017(土曜日)に参加してきた。一日だけの参加だったが、例えるならデズニーランドの3倍疲れた、という感じ。朝5時に東京から出発したが、いきなり車のエンジンがかからない、というトラブルになった。とりあえず近くのコンビニまで車を押してもらい、最寄のガソリンスタンドに電話をする。運よく出張で現場まで3000円で来てくれることになり、直結でエンジンはかかった。しかし、5分ハザードを出していただけでエンジンかからないのは、この先絶対ヤバいだろう、と思いバッテリーを交換したもらうことに(出張費合わせ15000円なり)この時点で普通なら落ち込むが5人いるしこれからフェスという状況によりみんなテンションがおかしい、ずっと笑ってた。

さて、苗場までは渋滞も無く3時間半で到着、だか会場より30分離れた場所に駐車場があり、バスで会場まで移動になった。行きはバスが5分置きに来るのでいいのだが、帰りは大変なことになる。さておき、会場に到着。でもそこから入場ゲートまでに15分ほど歩く。途中にはエントランスフリーのライブ会場やらよく分からないスペースなど非日常感に溢れる。やっと入場ゲート到着、手荷物検査をするのだが、チェックした時間1秒、助かります。そこから最寄のステージまでまた20分ほど歩く。とにかくステージがでかい、その上遠くからでもさえぎるもの無く見れる。前のほうで騒ぐのでもいいし、後ろのほうで椅子に座りながらゆっくり見るのもよし。

まず色んなラジオやら雑誌やらでフジロックをやたら持ち上げる特集やらあるが、それらはあまり当てにならない。例えばご飯の特集だったらそうそうに売り切れてしまうこともあるし、実際そうでも無いというケースが多い気がする。ただめちゃくちゃ広い会場は端から端までは歩いて一時間かかるんだけど、ただ移動するだけではなく、途中にオブジェクトがあったり装飾があったりして、とにかく飽きさせないようにしようという意思をすごく感じ、実際に歩いているだけでも面白かった。

一日では絶対に全部を味わえないし、三日間でも網羅するのも無理なので、また来たいと思わせるようボリュームをあえて一杯にして、満足しきらないようにしているんだろう。うまいと思う。

日本製デズニーランドのようだった。スケールのでかさに圧倒し、自然の中にこれだけの規模を音楽という娯楽のためにこんなことをしてしまう人間の凄さを感じる。しかし、雨の前で人間ではなにも出来ずただずぶ濡れになるしかない。自然と人間の偉大さを感じ、よく分からないけど「スゲー」という感じ。

フジロックなんて一回も行ったことが無い人のほうが多いだろうけど、一回は怖いもの見たさで行ってみるのもありだと思う。けど以下のことを注意してください

 

* 山登りです

フジロックという名の山に登る、というのはまさに。

足場はぐちゃぐちゃなので、スニーカーも厳しい。登山用のブーツがベスト

* 雨降ります

大体雨が降るので雨具必須なんだが、着替えやバスタオルもあると尚よし!

 

* 女の子一人はちょっと厳しいかも

全体的にマナーの良い、というより年齢層が高めなので落ち着いている人も多いが

外国人も多く、混んでるステージでは人を跳ね除ける輩もいるので

運悪くアタックされてしまったり怪我をすると一人は厳しいかも

男ならありだけど、体力は付けたほうが○

* タイムスケジュールは余裕を持つ

会場から会場までがとにかく遠い、隣のステージに移動でも20分かかるので

タイムテーブルを見て、ステージが遠いなら前乗りしないと厳しい

* 温度差激しいので準備は万全に

雨が降るととにかく寒いので、カイロや防寒着は大事

クーラーボックスはほぼ使わなかったけど、暑い日にはいいかも

 

山登り、アウトドア、音楽 この三つが好きな人は絶対楽しいはず

音楽だけ好きな人は一日2万円と安くないので、熟考してください

 

 

カルテットが面白い

カルテットが面白い。

 

テレビドラマといえば、不自然すぎるほどの美男美女がありえないようなストーリーによりありきたりな恋に落ちます、結婚して幸せになります。というイメージが強い。自分が見ていたドラマがたまたまそうなんだろうけど、えてしてそのようなイメージを持っていたが、前シーズンでやっていた「逃げ恋」をたまたま飲み屋で見て、なんだこれは、、、面白いじゃないか。。。テレビドラマを見直すきっかけになった。なぜかガッキーには一切興味が無いのが自分でも不思議ではある。*おそらく高身長なのが原因なのだろうか* ストーリーや毎回出てくるネタも面白いし、ただのハッピーエンドでは無く、見た後に考えさせられるストーリーにもなっており、とてもよかった。そしてその後の「カルテット」である

自分の興味のある芸能人は少なく、「戸田エリカ*SPEC」「栗山千明*歌が良い」「満島ひかりモテキ」と3人ぐらいなのだがその満島ひかりが出るドラマということで一回ぐらい見ようかと軽い気持ちが今ではすっかり録画の上、彼女と一緒に見ている。お互いが興味があるものを一緒に見れるというのは、私たちには珍しく、貴重な時間をありがとう、と言いたい。

感想やレビューはこちらが素晴らしい
http://hiko1985.hatenablog.com/entry/2017/02/09/104305

自分が見ているドラマにこんなにも伏線が張り巡らされているのを知るとますます面白くなるし、これからの展開が気になってしまう。昔ジャンプが出るのを毎週楽しみにしていた子供の頃のような、早く来週が来ないかな~という気持ち、まあそこまででもないのだが、待ち遠しいことは事実である。

ドラマがなんとなーく観たくないと思うポイントとしては、分かり易い悪人の登場である。人の恋人を奪う、嘘を付く、だます、そんなに分かり易い悪人って周りにはまずいない。ゆえに共感が持てないというところがある。

自分の上司である仕事をしないHは一言で言うなら浅草の職人を真逆にしたような性格である。話す言葉は乱暴だし、否定から入る。しかし根は良い人であり、困った時に助けてくれる、そんなイメージがある浅草の職人。
この性格の逆なので、一見物腰が柔らかでいい人そうに見える、ところが実際はとても短気であり、自分の機嫌が悪いとすぐ癇癪を起す。そして部下が困っていようとも我関せず。むしろ自分とは関係無い、あいつが悪いと付き離しにくる。大企業の中間管理職の一番悪い部分を詰め合わせたような人間である。もし自分が警察官で2人一組のパートナーを組むとしたら、もっとも選びたくない人間である。ただ一見優しそうな態度であり、自分の機嫌がいいと無害である。という塩梅であり、真向の悪人ではないのである。*仕事をしない割にそのような役職に付けている以上、世渡り能力も多少はある* 

話はそれてしまったが、世の中には白黒が付かないケースのほうが多いし、むしろそんな中で人々は生きているんだよなーとドラマなのにリアルなんでかなり楽しめたし、次回が本当に気になってしまう。待ち遠しい日々です

 

かっこいい大人になりたい

特に自分の上司なのだが、自分のことしか考えておらず、そしてそのことは丸わかりなので非常にいらいらする、が、それを文句を言ったところで変わらないし、それを理由に仕事をしない、というのは損得ではなく、自分が成りたいかっこいい大人のすることではないので、文句はなるべく言わないようにし、このような人には成りたくないという一心で仕事を打ち込んでいる。味方が誰も社内に居ないことが正直辛いが、私生活と仕事を分けたいタイプのおれは、必要以上に社内で仲良くなろうとは思わないのである。たぶんそれは損しているし、自分の成長のためにも仲良くしたほうがいい。

それは分かってはいるのだが、自分のことを中々変えられない自分もいる

 

最近知り合った?女友達、このブログにも出てきたA級美女(可愛い系)が結局仲間内で他の奴と付き合うことになったのだが、その過程で、おれがエラそうに恋愛のアドバイスなりを噛ましていたときに言われた言葉

「そんなこといったって、あなたもそんなこと言える資格ある??」

と言われ、本当にその通りすぎてちょっと涙が出た。

 

仕事に置いても、恋愛においても正直成功しているとはとても言い難いおれ

多分他の人もこいつエラそうに、って心の中では思っていても中々それを口に出すのは

ためらう。

しかし、こいつ=Sとしよう はきっぱりと言ってのけ、そしておれの中の株はまた上がったのであった。

 

年を取るにつれ、本音を言ってくれる友達は少なくなってきている、気がする

Sのことは色々あったが、大事にしたい

そんな反省をしました