読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰も知らないサーカス

バツイチ三十路SEが感情のごみ箱として使用します

カルテットが面白い

カルテットが面白い。

 

テレビドラマといえば、不自然すぎるほどの美男美女がありえないようなストーリーによりありきたりな恋に落ちます、結婚して幸せになります。というイメージが強い。自分が見ていたドラマがたまたまそうなんだろうけど、えてしてそのようなイメージを持っていたが、前シーズンでやっていた「逃げ恋」をたまたま飲み屋で見て、なんだこれは、、、面白いじゃないか。。。テレビドラマを見直すきっかけになった。なぜかガッキーには一切興味が無いのが自分でも不思議ではある。*おそらく高身長なのが原因なのだろうか* ストーリーや毎回出てくるネタも面白いし、ただのハッピーエンドでは無く、見た後に考えさせられるストーリーにもなっており、とてもよかった。そしてその後の「カルテット」である

自分の興味のある芸能人は少なく、「戸田エリカ*SPEC」「栗山千明*歌が良い」「満島ひかりモテキ」と3人ぐらいなのだがその満島ひかりが出るドラマということで一回ぐらい見ようかと軽い気持ちが今ではすっかり録画の上、彼女と一緒に見ている。お互いが興味があるものを一緒に見れるというのは、私たちには珍しく、貴重な時間をありがとう、と言いたい。

感想やレビューはこちらが素晴らしい
http://hiko1985.hatenablog.com/entry/2017/02/09/104305

自分が見ているドラマにこんなにも伏線が張り巡らされているのを知るとますます面白くなるし、これからの展開が気になってしまう。昔ジャンプが出るのを毎週楽しみにしていた子供の頃のような、早く来週が来ないかな~という気持ち、まあそこまででもないのだが、待ち遠しいことは事実である。

ドラマがなんとなーく観たくないと思うポイントとしては、分かり易い悪人の登場である。人の恋人を奪う、嘘を付く、だます、そんなに分かり易い悪人って周りにはまずいない。ゆえに共感が持てないというところがある。

自分の上司である仕事をしないHは一言で言うなら浅草の職人を真逆にしたような性格である。話す言葉は乱暴だし、否定から入る。しかし根は良い人であり、困った時に助けてくれる、そんなイメージがある浅草の職人。
この性格の逆なので、一見物腰が柔らかでいい人そうに見える、ところが実際はとても短気であり、自分の機嫌が悪いとすぐ癇癪を起す。そして部下が困っていようとも我関せず。むしろ自分とは関係無い、あいつが悪いと付き離しにくる。大企業の中間管理職の一番悪い部分を詰め合わせたような人間である。もし自分が警察官で2人一組のパートナーを組むとしたら、もっとも選びたくない人間である。ただ一見優しそうな態度であり、自分の機嫌がいいと無害である。という塩梅であり、真向の悪人ではないのである。*仕事をしない割にそのような役職に付けている以上、世渡り能力も多少はある* 

世の中には白黒が付かないケースのほうが多いし、むしろそんな中で人々は生きている

 

かっこいい大人になりたい

特に自分の上司なのだが、自分のことしか考えておらず、そしてそのことは丸わかりなので非常にいらいらする、が、それを文句を言ったところで変わらないし、それを理由に仕事をしない、というのは損得ではなく、自分が成りたいかっこいい大人のすることではないので、文句はなるべく言わないようにし、このような人には成りたくないという一心で仕事を打ち込んでいる。味方が誰も社内に居ないことが正直辛いが、私生活と仕事を分けたいタイプのおれは、必要以上に社内で仲良くなろうとは思わないのである。たぶんそれは損しているし、自分の成長のためにも仲良くしたほうがいい。

それは分かってはいるのだが、自分のことを中々変えられない自分もいる

 

最近知り合った?女友達、このブログにも出てきたA級美女(可愛い系)が結局仲間内で他の奴と付き合うことになったのだが、その過程で、おれがエラそうに恋愛のアドバイスなりを噛ましていたときに言われた言葉

「そんなこといったって、あなたもそんなこと言える資格ある??」

と言われ、本当にその通りすぎてちょっと涙が出た。

 

仕事に置いても、恋愛においても正直成功しているとはとても言い難いおれ

多分他の人もこいつエラそうに、って心の中では思っていても中々それを口に出すのは

ためらう。

しかし、こいつ=Sとしよう はきっぱりと言ってのけ、そしておれの中の株はまた上がったのであった。

 

年を取るにつれ、本音を言ってくれる友達は少なくなってきている、気がする

Sのことは色々あったが、大事にしたい

そんな反省をしました

 

BF1 上達のコツ

うえぱいです、BF1を初めて一か月ですが、平均してスコア上位を取れるようになりました。コンクエスト中心ですが、初心者で苦戦している人もいるかと思います。

今日は上達のコツをまとめてみました。

  •  援護兵を選ぶ

まずは援護兵を選びましょう。なぜか、弾薬を配るだけでスコアがかなり上がります。そして弾薬を受け取ると非常に助かります。
正直、弾薬を配りまくって一切打ち合いをしない人がいるだけでも、勝率は上がると思います。お試しあれ
そしてガスグレやフラグを投げましょう。弾薬補給で自分のフラグも補給出来るので、敵が居そうな場所に投げるだけです。簡単でしょ。これをやるだけで32位中10位には入れます。

あとは打ち合いです。正直打ち合いはおまけみたいなもんで、本命はチームへの弾薬補充です。打ち合う時は遮蔽物を使うか、伏せましょう。丁寧に立ちっぱなしで打ち合うなど、狙ってくれと言わんばかりです。
BFは弾速という概念があり、遠距離の場合は敵の進路を予測して打たないと当たらないです。
近距離で余裕があれば、胴体より上の頭を狙いましょう。

  • 正面から打ち合わない

遮蔽物とか打ち合いとか、分隊など基本は分かっているという前提です。コンクエストは32対32で敵が恐ろしく沢山います。メインの戦場に出ると色んな角度から狙われているのですぐにやられてしまいます。

 

砂漠の固定兵器で1分で15キルしたことがあります。ちょうどCエリアに敵が密集しており、一発ごとに3人キル出来ました。使いすぎは狙われるので注意です。
あと戦車や飛行船ですが、私は積極的に載ってます。戦車だと突撃兵が破壊しようと自ら寄ってくることが多く、副砲のサブマシンガンで返り討ちに出来ると
キルも稼げますし、戦車も助かり一石二鳥です。逆に前線にいるビークルからリスポーンしてしまうと瞬殺されることがかなり多いです。

 

  • 劣勢は場合は裏を取る

自分は有利チームに変更することがないので、劣勢な状況が多いです。7割は劣性です。
そんな時に正面から打ち合ってもほとんど返り討ちにされてしまうので、そんな場合は裏を取りましょう。
裏を取って拠点に入っていると味方が分隊リスポーンしてくる場合が多いです。
上手く混乱させることが出来、逆転出来た場合はこの上ない快感!!

 

三年ぶりの喪失感

別れる別れないとくだらないやり取りに土日をフル活用しているうちらにもいよいよお別れの時が来たようです。今までは彼女が別れるという、自分が宥めるという構図からついに自分から別れを口にしました。これは初めてのことで、いよいよ終わりに近づいてきたということでしょう。好きという感情が少なくなってきたとはいえ、別れるということはとても辛く、何回体験しても慣れないものです。こんなにも辛い想いをするならもう誰とも付き合いたくない、今はそう思ってますが3か月もしたら彼女欲しいと叫んでいることでしょう。でも今回でようやく気が付いたことは自分はやはり変人に分類され、人間関係を長期的に上手く構築することが出来ない人間である、ということだ。短気的に友達を作ることは出来るが長く関係を構築することは、実はすごく苦手である、ということが分かった。だからなんだということだが、結局はそんな自分と付き合っていくしかないし、自分1人になったらようやく自分の好きに生きることが出来るのではないか、そんなことを感じている。人に合わせるように付き合ってきたここ7年ほど、合わせるうちに自分がなにをしたかったか、忘れかけていた。

とにかく子供が欲しくないので、結婚をしたくない、ただ彼女は欲しい、そしてある程度の自由も欲しい
というのが自分の欲望であり、自分のペースでゲームや本を読むなど好きなことをしたい。ただ世の中の女の子は基本的に結婚して子供が欲しいためもう自分1人で生きていく覚悟を持たなければならないかもしれない。自分の死んだときにどうしよう、そんな悩みを年よりは持つらしい。自分でもそんな悩みを持つようになるのだろうか。

battlefield 1 プレイ感想記

以前のブログでBF1を買おうかな、とちらつかせておりましが、買っております。そしてプレイから2週間は経過しただろうか。めちゃくちゃハマっております。楽しい。

CODでは個人でのプレイがチームの勝敗に結びつくことは多かった、キルストリークのせいもあるだろう。でもBFは違う、キルストリークなんてありません。そしてCODシリーズで野良プレイ裏どり専門と化していたおれのプレイはまったく通用せず返り討ち。なにが悲しいかって頑張って2キルしても、BFには蘇生という死んでも仲間が近くに居れば復活出来るというスキルがあるため、悲しいかな、何人かキルしてもあまり意味は無いです。つまり団体行動が基本になります。裏取りって言っても分隊で裏取りをしないと意味無いです。そう、PS4になってからフレンドが一人もいないおれにとってBF4は中々の鬼畜プレイ。難易度は高いです。

しかし、仲間と共に行動し、前線部隊が強いと、CODとは違った面白さが出てきてとても楽しい!CODは紛れもない殺し合いであり、デスがかさむとムカッとくる。そしてキルが出来ると勝敗に関係なく楽しい、それはそれでアリなのだがBFの楽しさは分隊として行動出来る、集団行動による楽しさなのでまったく別である。日本人にはBFのほうが向いているかもしれない。そんな訳で平日にも関わらず朝の5時までプレイして死にそうになってたら、チーム内スコア1位を取ることが出来た。大体平均よりも低いスコアだったのだから、こんなうれしいことは無い。34歳にして新しいゲームを始め、チーム内1位になることが出来るんだから、人生何が起こるか分からないもんだ。

美人が得 を仮体験しました

ひょんなことから美人と知り合うことになった。ABCDEランクだとAだろう、誰が見てもかわいい。友達の友達、下北繋がりではあったのだがバーで話している時に話をして、連絡先をあちらから聞かれ、なんだ脈はあるのかと思ったらとんでもない。こちらからLINEをしても既読無視、1日後2日後に短文で帰ってくる。この時点でちょっといらついた。なんだよあっちから聞いてきてこの対応なら迷惑もいいところだ。そして下北に来たら連絡すると言われその後来ているっぽいが連絡をくれない、うんじょ、この時点でもむかついた。その後連絡は無かったのでもういいや気分を害したと思い放置していたら「今日の夜なにしてるんですか~」と舐めたLINEが来た。もともと会う予定だった友達と連絡が付かなかったからおれに連絡してきたみたいだ。めっちゃ舐められる!!!!そう思ったが気が付いたら返信していた。「行きます」 問題はそこからだ。まずは行ってみたいという馴染みの店に行った。そこの店長からバイトを紹介してもらおうとお願いしていたのだがそのA子があまりにも返信が塩なのでもういいや、と思い一度断ったのだ。自分だけならとにかく他人を巻き込みたくない。しかしどうだろう、その店長(最近彼女と別れた)はすっかり虜になってしまったのだろう。もともと入れないと言っていたその店のバイトに入れるかも、と変更になった。わお、今までのやり取りはなんだったのだ。そしてあちらからはめったに連絡してこない女の子B子がその店に居て挨拶をして二件目に行った。二件目でもA子とちゃらいバーテンがおれが分からない話で盛り上げり、会話の邪魔をされこいつなんて空気が読めないんだ、とびっくりした。そして会った人全員とフェイスブックを交換する、という体でおれとフレンドになりたい、そしてそのA子ともフレンドになりたいと店に入った10分後に言ってきた。はぁ、もう疲れたよ。もうやり方が分からないと放置してたら携帯かしてください、と来た。そのA子はIDとパスワードが分からないと言って回避していた。バーテンざまあ。そして翌日が早いということで10時に帰っていきました。ああ疲れた。問題はその後だ、その店長からLINEなど来ることは無いのだが、A子のためにバイトを探してくれるそうな。そしてお店であったB子があの綺麗な子、名前なんて言うんですか?と来た。みんなおれには興味がまったくないのによくもまあ興味があるのですね、と感心してしまった。話を戻そう、A子にとって人生はとてもイージーであろう、そう思うのだがそれにより周りをこんなにも不快にさせることがあるのだと同時に思ったのである。登場人物3人の分かり易さに傷ついているおっさんでした。

おじいさんの説教(ヒッピー)

下北沢のすずなり劇場の下、ここは下北沢でも場末の場所。駅前の飲み屋で出入り禁止になった人達。飲むところが無いが故、自分たちでお店を開いたといわれる場所だ。初対面だろうが平気で説教を始めるおじさん、おじいさん、年齢不良の人達の楽しい憩いの場だ。昨日は会って2、3回目になる陽気なおじいさんからの説教を聞いていた。子孫を残せない人間は残すに値しない、クズのような存在、端的に言うとそんなところだ。そんな内容でもそこまで印象悪くならないのは下北沢のヒッピーの塊のようなどこか雰囲気がある容貌のせいだろうか。おれは子孫を残したくない、理由は簡単、自分のような人間をこの世に新しく作りたく無い。自分の分身なんてまっぴらごめんである。それは自分に自信が無いということだろう。ただおれの場合は中学生ぐらいから、なんとなく自分の子孫を残すべきではない、という感覚があり、それは今でも続いている。軽い自殺願望もあったのでその影響なのだろうか。けっしてネガティブということではない。前の記事でもあったが自分の正確はむしろポジティブ、いやなことはなるべく見たくない、が信条である。ただ、自分の分身だけはやばい、とにかくやばい、やめておこう。というのが中学生からある。渋谷のギャルじゃあるまいしやばいヤバイいうのも語彙力の無さがウケるんですけど。とにかくそれだけヤバいと思うのであればその直感に従おう。ただ自分がもしとんでもなく金持ちで奥さんがとんでもなく綺麗な人だったらどうだろう。暇だし子供でも作るか、そんな気持ちになったかもしれない。でもそれでも作らないような気がしないでもない。別れた奥さんは控えめに言ってもとてもきれいな人だった。周りの人間は口ぐちにうらやましいと言ってくれた。お世辞で無さそうなのは感覚で分かったのだが、結局自分は子供が欲しいとは思わず、籍を入れた時には完全に倦怠期だったうちらはセックルレスになるのも時間の問題だった。つまりは自分自身の問題のような気がする。かといって自分の性格が病気かどうかは分からないし、なんか違う気がする。自らの怠惰ゆえのこの性格を一言で「病気」としてしまうのはあまりにも浅はかだし、それこそ怠惰中の怠惰。ネットでの自己啓発ブログにはまずは自分のことを好きになるしかないし、自分自身と結婚することから始まる、そうだ。なるほど相手はともかく再婚には今しばらく時間がかかりそうだ。